内装仕上げ・株式会社bowtec

ご相談はお電話・メールフォームにて随時承っております

音が部屋に及ぼす影響にしっかり配慮して居住空間を整備

屋外の騒音が建物の中に聞こえないようにする防音工事は、落ち着いた生活には欠かせない大切な工事です。窓・壁、床・天井などに適切な処置を施すことで、快適な暮らしを手に入れられます。

防音工事は外観では気づきづらいですが、お部屋の機能を整える上で大事な内装仕上工事の一つです。また反対に、家の中の音が外に聞こえないようにする遮音工事もあります。職人スタッフは音が部屋に及ぼす影響にもしっかり配慮しながら、快適な居住空間を演出いたします。

防音に関するどのような悩み・お困りごとでも臨機応変に対応

防音工事は気密性や断熱効果も向上するので、電気代の節約や結露防止にも役立ちます。なお、内装仕上工事における防音工事は建築物における通常の防音工事のことを言い、ホールなどの構造的に音響効果を目的とするような工事は含まれません。職人スタッフは一般建築物の防音工事のスペシャリストですので、お客様の防音に関するどのようなお悩み・お困りごとでも臨機応変に対応いたします。

窓は、音の出入りが最も激しい部分ですのでしっかりした配慮が必要です。窓の防音には、防音サッシや二重サッシ(サッシの内側にもう一つサッシを取り付けたもの)、複層ガラス(2枚のガラスの間に乾燥した空気を密閉したものや、ガラスの間を真空状態にしたもの)などを使用します。ガラスだけを防音のものにしても、サッシの隙間から音が入り込んでしまうことがあるので、密閉性の高いサッシを使うことも重要なポイントです。

お部屋の状況に合わせて効果的な防音工事の工法を判断

壁の防音には、様々な方法があります。音を防ぎたい壁に沿って背の高い家具を置くだけでも防音効果を得られます。また、室内の仕切り壁による防音では隙間をなくすことが防音効果を高める上で大事なポイントになります。天井部分がつながっていたり、開閉部があったりするとそこから音が伝わってしまいます。

それらの問題を解決してから、壁の内側に吸音性を高めるグラスウールやロックウールなどを使用したり、仕上げに石膏ボードや遮音シートなどを二重張りにしたり、壁内部に空気層を取り入れたりして防音性を高めていきます。特に防音が必要と思われる場所に関しては、防振材を二重にして音を防ぐこともあります。防振材には振動を抑える効果があるので、音を防ぐ効果がさらに高まります。職人スタッフはこうしたそれぞれのお部屋の状況に合わせて、効果的な防音工事の工法を判断して対応いたします。

様々な騒音対応の工法を駆使して臨機応変に対応いたします

騒音トラブルの原因になりやすい箇所の一つが床・天井を伝わる騒音です。足音や物を落とす音は、そこに住んでいる人にとってはそれほど気にはなりませんが、階下の人にとっては頭上からの圧力を感じるとても強いストレスになります。そういったトラブルを防ぐ意味で、床や天井の防音・遮音工事はとても重要です。職人スタッフは様々な騒音対応の工法を駆使して、臨機応変に対応してまいります。

床の防音工事では、特殊なスポンジマットやカーペットなどが使われます。畳より少し軟らかい程度の、どこを踏んでも均一な硬さの安定した床面専用スポンジマットですので、足下が不安定になる心配はありません。スポンジマットに加えられた力は張力のある層で広い面積に分散され、弾性や復元性のある層で吸収されるので、足音や物を落とす音が床に到達する前に弱められ、音自体が発生しにくくなります。